FC2ブログ
avatar image

子どもの褒め方、叱り方を知りたいお母さん、「母としての在り方」に目を向けてみませんか。

motherchild.jpg


子育てって、なんとも言えない難しさがあるなとつくづく思います。

難しいと思うのは、やっぱり『正解がない』からかな。

4歳の娘の『子育ての正解』… 『正解』というのかなんなのか…

やってきたことのフィードバックが感じられるのって、娘が二十歳ぐらいになってからなのかな。

いや25歳? ひょっとしたら一生をかけてとかそんな話…?

そもそも子育てに何を求めるか...?

「求める」自体間違い…?

考え始めるとキリがないので、間違いなくどの問いも、正解も不正解もないものなのでしょう。



今は、『子どもへの声のかけ方』『褒め方』『叱り方』『躾の仕方』…

いろんなやり方に関する情報がある。

一方で、本当に大事なのって、『お母さんの在り方』じゃないかな?と

実際に子育てしていて、感じます。


子どもが見て聞いているのは、お母さんの『言葉』じゃない。

表情や声の調子、態度から、お母さんの意図を読んでいる。


お母さんは本気で言ってるのかな…
これぐらいやってみたらどうかな…


そんな風に、「子どもに試されてる」って感じたこと、ないですか?

私は超絶感じてたし、今も感じることがあります。

自分の子どもからだけじゃなくて、お友達の子どもからもです。


そうして子どもたちって、自分なりの『秩序』なり『世の仕組み』を理解している気がする。

「この人の言うことは聞かなきゃいけない。」

「このお母さんは何を言っても大丈夫」とか…


子どもが言うことを聞かない。手を焼いている。叱り方が分からない。イライラが止まらない…

そういうお母さんにぜひ知って欲しい。

必要なのはテクニックじゃない。

「どう在るか」「母としてどう在りたいか」ぜひ考え、感じるきっかけにしていただきたいです。

3月24日(日)に、東京でスーパーママ講座が開催されます。

伝えるのは「言葉」じゃないということ、ぜひ体感しに来てください!


詳細はこちらのリンクをご覧ください。

私も、他3名のメンター仲間とともにお話させていただきます♪

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する