FC2ブログ
avatar image

子育てとミラーニューロン

ba3f9f6f98b13c703f957d6720fa63ba_t.jpg




ミラーニューロンってご存知ですか。

例えば、

子は親の鏡。
親の背を見て子は育つ。

子供って、本当にびっくりするくらい親のことを見ています。
赤ちゃんが歩き出し、動き出し、話し出すようになると、あまりにも行動や言動が自分にそっくりで驚くことってありませんか。

例えば我が家の3歳児。
パパの真似してわざわざ足で扇風機を消す。
泣いている子を見て自分も泣く。
習い事体験で見ているだけ。帰宅して突然再現する、などなど。
出てくる出てくる!子育てあるあるですね。

これは、ミラーニューロンという脳の神経細胞の働きによるそうです。
他人の行動を見て、自分が行動しているように反応する神経細胞。
行動だけではなく、その行動の意図するところ、感情までも模倣する人まね細胞なんです。

子供が愚図ってしょうがない時、なんだかまとわりつく時、
母親である自分が疲れ果てていた、不安定な気分だった、そういうことってありませんか。
私などは娘の扱いに困ったときに「あれ?もしかしてミラーニューロンの働き?」とふと思うことで
自分の感情の揺れに気づくことがあります。

先日もこんなことがありました。
帰宅してもう夕方、娘はお腹が空いたと騒いでいます。
早くご飯準備しなくちゃ!私の頭はこの後のことでいっぱいです。
ちらっとみると洗濯物の山。あ~いつたたもう!お風呂も準備しなきゃ。もうこんな時間!
やることがたくさんあるのに、娘は足元でまとわりついています。
あ~時間ないのに。はあああ~。。。。娘を見て、ふと思いました。
あれ?これ、ミラーニューロンの働き...?
私の焦りが娘に移ってる?

そこで私は、とりあえず自分を落ち着かせることにしました。
深呼吸です!
そして、台所をしていた手を止めて、娘と目線を合わせました。
娘の肩に手を置いて「どうしたの?」と聞いてみました。
娘は泣きながら、「ママと一緒にご飯の準備したいの。でもママが全然お話してくれなくて、イヤだったの」と教えてくれました。

この時にようやく冷静になれて、自分自身が「今ここ」にいる感覚がしました。
それまではあれしなきゃこれしなきゃと頭のなかであれこれ考えてて、気が付いたら目の前の娘のことを全然、全く!見ていなかったんです。頭の中の一人の世界にいたようなものです。

そこで、今は何が一番大事かな、と考えてみました。
娘を我慢させてご飯の準備をして洗濯物をたたむこと。。。?
それよりも今は、娘と一緒に簡単なものをお料理して温かいご飯を一緒に食べたいな。
ご飯、豪華じゃなくたっていいよね...洗濯物は後でもたためるし、夫にも頼めるし...
目の前の娘との時間を大事にする方が、家事をこなすより大事かな。そう思いました。

そこで、娘と目を合わせてきちんと話しました。
「ママは今、ご飯の準備を急いでいたの。あなたがお腹を空かせているから早く食べさせてあげたいなって思って。洗濯物も畳みたい、お風呂もくみたいな、そう思ってたから、頭の中がいっぱいだった。話を聞いてもらえなくて寂しかったね。ごめんね。それじゃあ、家にある野菜で一緒に簡単なものを作ろうか。その後にお風呂を汲もう。ご飯を食べて、その後お風呂に入って、寝る準備ができたら一緒に洗濯物をたたもうね。」
その後の行動が私も娘も分かって、お互いに落ち着いて夜の時間を過ごすことができました。

母親は育児だけじゃなく家事もあるので大変です。
「あれもこれもやらなきゃ!」って頭がいっぱいになってしまうことがあります。
でも日常から、自分がやりたいこと、娘がやりたいこと、自分にとっての優先順位を整理して、きちんと娘に言葉で伝えることが大事だなと改めて思いました。子供だってきちんと説明されたら納得して待てます。


ミラーニューロンという脳の神経細胞があることで、行動も感情も意図も自然に模倣されている。
そのことが頭の片隅にあるだけで、自分の行動や感情を振り返るきっかけとなってくれています。
子供が安心してのびのび育つには、母親がリラックスした状態であることが大切なんですね。(*^_^*)

ぜひ今日一日ミラーニューロンを頭においてお子様に接してみてください。
ミラーニューロンを味方につけていきましょう。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する